すっぽん小町 コラーゲン

【すっぽん小町】コラーゲンって何ですか?

すっぽん小町

 

女性ならいくつになっても若々しさや美しさを手に入れたいと
思っていますよね。

 

ダイエットしたり、エステに行ったり、スポーツジムに通ったり、
サプリメントを飲んだりしていますが、その目的はいつまでも
美しくそして健康になるためだと思います。

 

 

「美肌」になるというのは、もちろんですが「しなやかなボディ作り」や「表情が活き活きする」のも、実はコラーゲン
と密接な関係があります。

 

コラーゲンは、体のなかにもっとも多くあるタンパク質でできています。
なかでも特に皮膚、骨、関節、腱などに多く存在しているんです。

 

その他に内蔵や血管にもコラーゲンは沢山あるんです。
皮膚、骨、内蔵、血管など・・・これらは見た目の若さと密接な関係があります。

 

なぜなら「美肌」とは水分たっぷり含んだ皮膚のことですし、「しなやかなボディ」は丈夫で弾力性に富んだ骨格と筋肉、
そして関節によるものです。

 

また「活き活きした表情」は若々しい血管や内蔵を持った健康な肉体から生まれます。

 

このようにコラーゲンって私達の体のなかでいろいろな働きをしているんです。

 

コラーゲンっていったい何なのでしょうか?

 

実は、コラーゲンというのは体のなかにあるタンパク質の一部なんです。

 

私達の体は、水、タンパク質、脂質、ミネラルから出来ています。
それぞれの比率は、水(65%)、タンパク質(16%)、脂質(14%)、ミネラル(5%)です。

 

タンパク質は水に次いで2番目に多く、体を構成するのに大切な成分なんです。
そして、全てのタンパク質の約3分の1を占めているのがコラーゲンです。

 

コラーゲンの役割

 

コラーゲンには他のタンパク質に見られない特徴があります。
それはコラーゲンが存在する場所です。

 

多くのタンパク質は細胞の中で生まれ、細胞の中で活動します。
それに対して、コラーゲンは細胞の中で作られ、細胞の外に出て活動するんです。

 

私達の体は細胞で出来ていますが、細胞にはお互いを結びつける力がありません。
そこでコラーゲンが細胞同士を結びつける接着剤の役割をしているんです。

 

私達の体は、中心に骨格があって、筋肉がそれに付着して、骨格と筋肉で臓器を支え、皮膚がそれを覆っています。
それらを結びつけるため接着剤の役割をしているのがコラーゲンということになります。

 

そしてコラーゲンはアミノ酸と結びついて体のなかで次々に合成され、古くなったものは分解されていきます。

 

このアミノ酸と結びついて次々にコラーゲンが合成されていくことで、お肌のコラーゲンも増えてぷるぷるした美肌になっていくんです。

 

>>トップページへ(すっぽん小町の口コミを徹底調査!)